Page: 1/15   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
ゼロ・グラビティ
題作という触れ込みで、それが期待通りの代物だった試しはほとんど無い。個人的には。
 結論から言うと、この作品も話題先行の域をまったく出ない凡作だった。没入できなかったね、どうにも。

 映像美にこだわってる節は感じられて、確かに絵的に目を見張る部分はあった。青く輝く地球を横目に遊泳するシーンなど、素直にまぁ綺麗だった。
 あたかも実際の宇宙を漂ってるかのような、0G状態の追体験を迫る映像もタイトル通りといった感で、その意味では悪くはなかった。サンドラ・ブロック扮するライアン・ストーンが、不測のトラブルで宇宙空間に放り出されて駒のように翻弄される場面など、真に迫るものがあった。
 ライアンが「圧倒的な恐怖よ」といった主旨のセリフを口にしていたと思うが、それも頷ける。一歩間違えれば、即死に直結する過酷な場所。その雰囲気がよく出ていた。

 しかし、終わってみれば、ただそれだけ。
 衛星破壊の余波で生じたスペースデプリが原因で、ライアンは決死の帰還劇を演じることになる。
 シナリオとしてはその一点に集約される非常にシンプルなもの。唯一登場していたジョージ・クルーニー扮するマット・コワルスキーもわりと早い段階で不幸に見舞われ、劇中はほぼライアン一人の動きを追う構図になっている。娘を失った過去のトラウマに加え、自分を生かすために同僚が命を落とした直後という状況もあり、ドラマを形作るピースは多少だが存在する。ただ、人と人の衝突の末に生じる葛藤とか苦しみならリアリティーも増し、多寡はあるにせよ説得力も出ようものだが……基本的に、最初からほぼ一人芝居に近いとあっては、どことなくチープで。正直言って響くものはなく、退屈さをいたずらに助長した。
 残りの酸素が少ない中ISSへ向かう羽目になったり、ステーション内で火災が発生したり、仕舞いには中国の神舟に乗り込んで地球に舞い戻る羽目になったりと、起伏をつけるトラブルはあったものの、それを活かしきれていたかと言えばそうでもない。
 変に作中のリアリティーを損ねる無配慮なシーンが散見したのは、ちょっと如何なものかと。たびたび冷めましたよ、本当に( --)
 無重力下のはずなのに、どう見ても無重力じゃあり得ないでしょという所が目についてねぇ。

 トドメを差したのが、神舟で地球へ帰還した直後のシーン。
 海水が怒涛のごとく流入して、ライアンが必死に船外へ出るけどね……なんで宇宙から帰還した直後の飛行士が、自力でああも動けるのよ? 普通に1Gで暮らしてた一般人でもかなりヤバイ場面で、文字通り死ぬほど苦労しそうな所なのに、アレはないでしょ。
 砂浜に打ち捨てられたライアンが頑張って立ち上がって、そこで感動的なエンディングと行きたかったんだろうけど、あまりの嘘っぽさがそれを全部台無しにした。
 やはり、話題作は話題先行で終わるケースが多いね。個人的には。
| cipher0117 | 12:08 | - | - |
少林羅漢拳
角川エンタテインメント
¥ 2,639
(2008-06-27)
Amazonランキング: 152272位

人はお前だ!( ̄□ ̄;)
 若気の至り、あるいは血迷った? それでも一生のうち一度くらいは、(ちょっと)ほざいてみたいと思うセリフの一つにカウントしてやってもいいかもしれない。名探偵、ここに極まれり的な冒頭の一言は。
 でも、この作品の流れに乗った上でという前提がオプションでついてきたら、かなり御免被りたいとも思う。
 件の本作。かつて、少林寺のアクロバット的なアクションとミステリーの融合ということで、それなりに話題をさらった模様だ。
 一応、そこそこ期待して見始めた。結論から言ってしまうと、久しぶりに挫折した。時間のムダ感が、そらもう物凄くて

 シナリオの概要はこうだ。
 四大武侠集団が、正体を隠した四人組から次々に襲撃されるという事件が起こる。そこで武侠団から依頼を受けたレイ・ション及びチァオ・イーダは、下手人をしょっ引くため素人調査に乗り出す。
 殺人の手口に少林金剛掌らしき痕跡があったことから、超短絡的に犯人は少林寺内部の人間と半ば決めつけて、ロクに証拠も持たずに押しかける。で、逆に少林寺関係者に論破されて「証拠をめっけたら、また来るぜ」という一言を残し、すごすご退散。
 紆余曲折というにはお粗末すぎるが、一応犯人の目撃者(ただし、ほとんど身内らしきお嬢さん)を連れて再訪。
 すると今度は少林寺側。言うことを聞いてやってもいいが、それは我が寺が誇る鉄壁の十二金剛陣他三大関門を突破してからだとか言い出し。で、「よし! その挑戦、受けてやるぜ」という流れになるわけだが……。

 一言で表現するならばチープ。これに尽きるな
 まぁ、アクション面だけは悪くはない。拳法家の戦いのわりにハッタリで爆薬使ったり、砂を投げつけて目くらましにしたりと、主役側の姑息さが鼻についたし、ワイヤーアクションがいささか演出過剰とは思ったが、多少なりとも見られればそれでいい。ノリで流す。
 ただ、シナリオはご覧の通り。舞台セットは安っぽすぎる。得物の刀剣類もまた、あからさまにお粗末すぎる。演出を支えるBGMは、もう担当者帰っていいよ的なショボさと、ツッコミ所が満載で困ったな。まぁ、あっちのこの手の映画はそういうもんなのかもしれないが……普段、縁の薄い分野ということもあってか、個人的にはついてけませんでした。や、本当に。
 アクションが売りとはいえ、他を全部蔑ろにされると醒めるんだよなぁ……だから、キツかった。ゆえに三大関門あたりで放棄した次第。
 最後まで見たわけじゃないから評価はあえてしないけど、上で推して知るべしってところか。
| cipher0117 | 12:52 | - | - |
一命
けば本作、1962年に「切腹」というタイトルで映画化された時代小説「異聞浪人記」が、ベースになっているらしい。位置付けとしてはリメイク版ということになる。
 「一命」というタイトルで再び世に出たこの作品。粗筋は大体、以下の通りである。
 江戸時代は初頭、大名の御家取り潰しが相次ぎ、生活に困窮する浪人が後を絶たなかった。日々の糧を得ることすら難儀していた彼らの間では、いつしか狂言切腹なる行為が横行するようになっていた。
 裕福な大名屋敷に押しかけ、切腹させて欲しいと申し出る。しかるに、面倒を避けたい屋敷側は金銭を与えることで適当に追い払う。そんな形の、言わば性質の悪い強請めいた行為だった。
 ある日、名門・井伊家の門前には、またしても切腹を願い出る一人の浪人、津雲半四郎の姿があった。井伊家の家老、斉藤勘解由はいきり立つ家臣を制し、半四郎に対して諭すようにとある若い侍の話を始めるが……。

 この作品の性質上、狂言切腹を目論んだ側として登場する津雲半四郎の悲哀に共感できるかできないかが、評価の分水嶺になると思う。
 結論から言ってしまうと、個人的にはどうしても共感できなかった。いや、半四郎が狂言切腹などという行為に身を染めてでも井伊家に対して―――ひいては、武士道というものに対して激情をぶつけたかったその背景は理解できる。
 しかし、だ。この作品の山場であろう井伊家家老との論戦を見てしまうと、どうしても身勝手な物言いをしているのは津雲半四郎としか思えなかったわけであり。
 そもそも井伊家の側としてみれば、散々迷惑を被ってる立場にあった。事の発端である千々岩求女の狂言を許さず、武家の礼に則り切腹に立ち会ってやった。(過程には思うところもあるが)
 千々岩が自ら言い出したことに対し、それを叶えてやった恰好で、この点で井伊家が批難される謂われは無いと思えてしまう。
 身内を喪い、怒りと悲しみをぶつけたい半四郎の心境は分かるが、経緯が経緯だけに「武士の情けが云々」とか叫ばれても井伊家側としては身勝手な言い分にしか聞こえないだろう。無論、視聴しているこっちの立場としてもそうだ。

 視聴者側にこんな感想を持たせた時点で、本来伝えたかったんだろうテーマは既に変質しているはず。
 こうなると、リメイク前の作品と比較してみたくなる。前作は果たして、どう映るんだろうな?
| cipher0117 | 00:59 | - | - |
深夜食堂 第1部〜第2部
人がやたら薦めてくるので、試しに視聴してみた感想の率直なところを並べると。
 まず思ったのは、カメラワークがやたらと素人臭いという点。オープニング見た瞬間、冗談誇張抜きにどこぞの馬の骨が撮った自己満足的作品かよ、と。この時点で、正直言うと回れ右したくなった。
 ただ、俺も見てみますよ的なリアクションを取ってしまった手前、これではマズかろうということで我慢して観た結果―――やはり、どう見ても素人臭い作品だな、と感じずにはいられなかった。
 カメラワークの他にも芳しくなかったのは、出演者半分くらいに該当した演技のわざとらしさ。お茶漬けシスターズあたりなんぞ、本当に鼻につく。もう少し自然な演じ方はできんのか? や、本当に。その点、小林薫が扮するめしやの主人とか常連のおっちゃんとか、ベテラン勢は文句なしだったんですがね。
 脚本はちょっとした伏線が最初期から張られていて、後の方の回で「え? あいつ、○○と関係ある人物だったんか?」といった軽い驚きがあったりして、シリーズ構成的な側面に立つと多少の工夫が感じられて悪くはなかった。しかし、各話単発で論じると、ストーリー的に引き込まれるような要素は皆無。どの話もスタート5分くらいで大体あらすじが読め、ほぼ当たる。ありきたりな人情話に終始してた感じか。

 ここまで書くと、いつもなら駄作というレッテルを貼りたくなるんだが……粗が山ほど目につくわりに、不思議と続きを観てしまう変な味がある作品だった。そう、変な味が。
 そうでなければ、さすがに全20話分も付き合おうとは思わない。

 ちなみに、このシリーズ第1期のEDで使われたMAGIC PARTYの曲は、掛け値なしに良かった。
 素直に褒められるのは、ほぼこの一点だったんだがなぁ……不思議である(苦笑)
| cipher0117 | 23:55 | - | - |
シャドー・チェイサー
ペインを舞台に繰り広げられるサスペンス・アクション。……では、あまりに手抜きすぎるのでもう少し捕捉すると。
 主人公はアメリカ人の青年実業家ウィル。スペインでバカンス中の家族に会うため、はるばるサンフランシスコからやって来る。
 しかし、久々に家族が勢揃いしたのも束の間。海上のクルーザーからウィルを除いた全員が、謎の失踪を遂げた辺りから雲行きが怪しくなってくる。
 父のマーティンは実はCIAのエージェントであり、彼が奪ったとされるとあるブツが原因で、ウィル青年は国際的陰謀に巻き込まれるという話。

 決してつまらなくはなかったが、さりとて後に残るだけの物はあったかと問われると「ううむ……」と唸りたくなる。そんな位置付けの作品だった。
 肉弾戦あり、カーチェイスあり、銃撃戦あり。アクション面はまぁまぁ良かった。
 一方でシナリオはおざなりというか、とりあえず話の筋だけ整ってればいい(=細かい部分は気にすんな)的な詰めの甘さは気になった。素人がワケも分からず事件に巻き込まれ、誰が味方で誰が敵かも判然としない中、異国の街を必死に駆け回る。家族を救うために残されたタイムリミットが刻一刻と迫っている―――その構図はともかく、絡んでくるCIAとモサドの扱いがどうも甘いというかヌルいというか。
 人間ドラマ的にも半端な感じが色濃い。冒頭でウィルの会社が破産とか、折り合いが良くはなさそうなマーティンの件とか、話のスパイスとして有効に使ってくるかと思いきや、そういうのもなく家族を救出できて良かったで仕舞いだしな。すべからく半端。

 不可はないが可でもなく、星2.5個程度の評価かね。個人的には。
 表向きは四捨五入して星三つが並んではいるが。
| cipher0117 | 15:59 | - | - |
TIME
評価:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
(2013-02-06)

学技術の進歩は、すべての人間から25歳を境に成長という概念を奪うに至った。
 そこから先の人生は、左腕に埋め込まれた体内時計(ボディ・クロック)が示す余命だけを生きることができる。しかし、大多数を占める貧困層には余命時間が23時間しかない一方、富裕層はその富と権力を源泉として永遠に近い時間を享受する。そんな社会的歪みも生み出してもいた。
 ある日、一人の男から100年近くの時間を譲り受けた青年ウィルは、富裕層が暮らすエリアへ潜入を試みる。そこで大富豪の娘シルビアと出会う。ウィルは時間監視局員の執拗な追跡を振り切りつつ、世界の謎へと少しずつ迫っていく。

 ……とまぁ、掲題の「TIME」とはこんなストーリーの作品だったりするわけだが。
 コンセプトは面白い。25歳以降の人生はすべて余生で、従来の通貨を時間に置き換えた社会構造になってる近未来。着眼点はユニークだと思う。ただ、映像と中盤以降のシナリオが、全然追いついていない感じなのはいかにも惜しい。
 命の概念すら覆す近未来的な世界というわりに、作品舞台はどう見ても現代的でまったくもってSFチックじゃない。
 貧困層の人間が生きるには、どれだけシビアな世界なのか。そのことを痛烈に突きつけられた実母との死別から、主人公がどんな懊悩と決意をもって立ち上がっていくのか注目していた。ところが、気がつけば富裕層のお嬢さんを巻き込んで時間強盗に傾斜。その動機づけが本当に弱くて、薄っぺらさを感じて仕方なかった。
 素材は悪くないのに、調理方法を決定的に間違えた残念作。それに尽きような¬_¬)
| cipher0117 | 23:45 | - | - |
5pbちゃん
ーンボックスの歌姫、5pbちゃんが熱唱する「きりひらけ! グレイシー☆スター」が琴線にすげぇビビッと来てる今日この頃(w
 元を正せばこの曲、ネプテューヌmk2のOP曲らしいっスが。
 疾走感のあるテンポ良い曲調が実に良い。当面、エンドレス再生。
| cipher0117 | 16:08 | - | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

TVアニメ ガールズ&パンツァー キャラクターソング vol.1
TVアニメ ガールズ&パンツァー キャラクターソング vol.1 (JUGEMレビュー »)
西住みほ(渕上舞),松井洋平,nyanyannya(Team.ねこかん【猫】),吉岡大志

Recommend

TVアニメ ガールズ&パンツァー キャラクターソング vol.3
TVアニメ ガールズ&パンツァー キャラクターソング vol.3 (JUGEMレビュー »)
五十鈴華(尾崎真実),矢吹香那,松井洋平,泉典孝

Recommend

Recommend

幻創のイデア

Search

Entry

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode